CATNAP STATION🐾夢を使った次元旅行🐈

愛知県でQHHTというヒプノセラピーを行っています😺どうぞよろしくお願いいたします🐾

山本周五郎さんのホロスコープと「菊屋敷」

短編小説「菊屋敷」

先日タイピングの練習を兼ねて、山本周五郎さんの短編小説「菊屋敷」をタイピングしました。

山本周五郎さんの小説は「赤ひげ」とか「さぶ」くらいしか読んだことがないのですが、文章がやわらかく丁寧で読みやすいです。

登場人物の描写や感情の表現が繊細というか、細やかなのでついついお話に引き込まれてしまいます。

「菊屋敷」を読んで思ったのが、お話が2重構造になっているという事です。
表向きは”美しい妹の身勝手さに運命を変えられた姉(主人公)が、数々の悲しみを乗り越えてほんとうの幸福をさがし求める”という内容です。
でも、主人公の物語の背景には「菊」にまつわるもう一つの深いテーマがあるのだと思いました。

f:id:tamasabu117:20211210143725j:plain

 


菊の表すテーマとは?

ウィキペディアによると

古くから日本の紋章として多く使用された花は蓮華(ハス)で、飛鳥寺を始め飛鳥時代の各地の遺跡から様々なデザインの蓮華文軒丸瓦の出土があるそうです。

観賞用のキクは奈良時代に中国大陸より伝えられ、高潔な美しさが君子に似ているとされ、梅、竹、蘭と共に四君子とされたのだそうです。

文学上は、『万葉集』には詠まれておらず、『古今和歌集』、『源氏物語』などから登場しています。

平安時代には、陰暦9月を菊月と呼び、9月9日を「重陽の節句」「菊の節句」とし、菊花酒を飲む「菊花の宴」「菊花の杯」で邪気を払い、長命を祈りました。

菊文様も吉祥文様として、好んで装束に用いられてきました。

鎌倉時代には、後鳥羽上皇がことのほか菊を好み、自らの印として愛用したと言われます。

その後、後深草天皇・亀山天皇・後宇多天皇が自らの印として継承し、慣例のうちに菊花紋、ことに32弁の八重菊紋である十六葉八重表菊が皇室の紋として定着したそうです。

江戸時代には幕府により厳しく使用が制限された葵紋とは対照的に、菊花紋の使用は自由とされたため一般庶民にも浸透し、菊花の図案を用いた和菓子や仏具などの飾り金具が作られるなど各地に広まった。のだとか。

江戸幕府の象徴は葵です。それに対して菊屋敷とは、これ如何に?みたいな引っ掛かりがあります。

 

 

学ぶこと・知識を得ることの危うさ
「菊屋敷」江戸時代のお話です、この時代江戸幕府を表す「葵」に対して「菊」は天皇家を表す象徴だったのでしょう。
菊屋敷の主人公、志保は松本藩士で儒官を務めた父親を持っています。志保の父親は儒教の流れを持つ朱子学と皇学(神典、国史、国文)を学んだ学者でした。

物語を読んでいくうちに気が付くと思うのですが、江戸幕府にとって皇学が広まることは天皇家の威光が強まる可能性があり、好ましいことではありません。
だって神典、国史、国文とか勉強すると、歴史の重みにより天皇家の威信が増しますからね、幕府転覆思想の温床となりかねません。

国の統治者である幕府にとっては、日本古来の歴史や伝統文化をはじめ、国学を学ぶ存在は要注意人物だったのかもしれません。儒教思想を広めてたて構造の強化を図っていたのだ思います。

徳川家は天皇家の影響を抑え込みながら、ある程度その威光を利用しつつ幕府の統治を安定したものにするように武力の力だけに頼ることなく、学問を使った支配体制を敷いていたのでしょう。
特に、朱子学などの儒教によって神典、国史、国文などの隆盛を抑え込んでいた感じが見受けられます。

学問や思想を使った人民統制みたいな雰囲気も少なからずあるでしょう。

そんなわけで、「菊屋敷」ではひそかに国に奉ずる心や義に殉ずる烈々たる壮志について説かれた”靖献遺言の講義”が開かれていきます。

靖献遺言の講義は「幕府」ではなく「国」に準ずることを教える学問でした。当然このようなことを学んでいると幕府側からは反乱因子としてみなされてしまうわけです。

江戸幕府は儒教思想を政治利用して統治を行っていましたが、天皇家には神典、国史、国文などの歴史や文化といった重厚な後ろ盾があります。この二つの勢力は相対するものになって対立の火種を作ってしまうのでしょうね。
信念や思想の対立が「剣や刀」を振るわせる争いを呼んでしまうのは、「知識」という諸刃の剣の扱い方にも問題があるのでしょうね。

学ぶこと、知識を得ることは智慧という名の諸刃の剣を手に入れることだと思いました。
気を付けないと、知らないうちに施政者の意向や権力者のバイアスやアンダーコントロールが刷り込まれてしまうかもね。

というテーマも並行して語られているのではないか?と思うわけです。

 

 

山本周五郎さんのホロスコープ

長くなってしまったので、ホロスコープについて今回はさらっと

f:id:tamasabu117:20211210142952p:plain

<特徴>
①ふたご座ステリウム
②水星・火星・土星が風のグランドトライン
歴史ものや騎士とか武士とか正義のために戦ったり弁舌をふるったり、執筆をしたり。そんなイメージ。
③ふたご座冥王星世代
④木星・冥王星スクエア、太陽海王星・火星スクエア・・・酒飲みで肝臓悪そう