CATNAP STATION🐾夢を使った次元旅行🐈

愛知県でQHHTというヒプノセラピーを行っています😺どうぞよろしくお願いいたします🐾

最近のこと、テンテトラに挑戦中

テンテトラに向き合う毎日
先月綿棒多面体ワークに参加してから、毎日少しづつテンテトラを作成し続けています。
見本のテンテトラみたいにきれいな形にならなくて、動きもぎこちないので何度も挑戦しています。

f:id:tamasabu117:20211104012448j:plain


私が挑戦しているテンテトラはこちらになります。


www.youtube.com

なんとなく形はできているのですが、小野満麿さんのテンテトラと比べると
形がいびつで、ぎこちない状態です。
見よう見まねで作っているので、作成している工程で何かが違うか、見落としている部分があるのだと思います。

まだ上手に作ることができないテンテトラですが、何回も繰り返して作っていって完成度を上げていきたいな~と思います。


テンテトラを作るようになって変わってきたこと
テンテトラは10個の4面体によって形成される多面体です。
見方を変えると5つの立体マカバが組み込まれているので、

テンテトラの持つ10の数字、マカバの6の数字、三角形の3の数字のあたりが活性化されているのだと思います。

テンテトラと格闘するようになって、私の意識の中で10という数字の作用がかなり働いているような気がします。


1.プレゼンテーションを意識するようになった
(当社比です)

言葉を表現する際に「プレゼンテーション」を意識するようになりました。
ブログではお見せできませんが、FBなのでお知らせなどのインフォメーションをする際にショート動画を作ることが増えました。
https://youtu.be/lU6gzXQIju4


文字だけで説明するよりも、雰囲気とかイメージがわくように画像や音楽を用いるように意識が向いています。

めんどくさがりの私が人手間かけて分かりやすく伝える意識を持つようになったのは「10」という数字の影響がかなり反映されていると思います。

2.やたらと移動する
(これも当社比です)

これはマカバの影響なのか?
動く立体構造の影響なのかよくわかりませんが、インドア派の私が外へ出かける機会が増えました。
子供たちと公園へ出かけるときも、いつもとは違う場所、いつもとは違う公園を選ぶようになって新しいことにチャレンジしています。
金華山や足助町などのフィールドワークなど、やたらと外出しています。

動く多面体を作っていると、私自身の意識も動き出すのかもしれません。

 

3.楽しいことを始める(五芒星の効果)
テンテトラには五芒星が形作られるので、この影響も受けていると思います。
5は創造力とか、遊び心などを表す数字なので、自由にのびのびした感じが出てきているのかもしれません。

最近は柴田美奈子さんのまねをして、※美奈子さんのブログはこちらです

ameblo.jp


100日間エンジェルゲートチャレンジを企画しました。
エンジェルゲートチャレンジは11月11日から2月22日までの間、希望する人たちがグループになって、

楽しく習慣作りをしていこうと思ってプランしました。

本来の私は全く社交的ではないので、ほかの人に働きかけたりお誘いをすることはとても不得意です。

でも、美奈子さんが企画してくれた3チャレというイベントを通して、人とのかかわりの中から得られるエネルギーや知識はとても尊いもので、大切だと思いました。
一人でこつこつ継続することも大切ですが、感動や喜び、落ち込みや悔しさをちょっとでもシェアできる場所やお仲間さんがいてくれると、すごく素敵だということを美奈子さんや3チャレのお仲間さんたちから学びました。

美奈子さんやお仲間さん達から受け取ったものを私も他の人にお渡し出来たら素敵だな〜!!
と思って勇気を出して企画してみたわけです。
細かな気配りのできる彼女のように上手にできないと思いますが、不器用でもで後悔しないようにやれることをやりたい!と思えたのはテンテトラの魔法の力でしょうね~☆
やはり数字や図形はすごいよ😆

 

多面体を作るときは4次元意識になっている

テンテトラを作る以外にも、変化の要因があると思いますが、眠るときも目を閉じるとテンテトラが浮かんでくるので、かなり強く影響を受けていると思います。

松村先生のお話に
”アストラル体を繰り返すことでエーテル体になって、
エーテル体を繰り返すことで物質が生まれる”

みたいな説明があったと思います。

事象を繰り返すことで一つ下の次元に降ろされる。という意味だと思いますが、
この場合、私がわけもわからないまま見様見真似で何度も繰り返して不格好なテンテトラを作っていくうちに、作り方の道筋が見えてくる。
みたいに考えてもいいのかな?と思います。

4次元の空間でテンテトラをイメージしながら、手や指を使って形に落とそうとする。
でも4次元と3次元のつなぎがうまくいっていないから出来上がった形がいびつになってしまうのですが、4次元を3次元に表す練習を繰り返すうちに、この通路が整備されていくのかもしれない!と淡い期待を持っていたりします(^_^;)

体感的に学ぶこと、そして図形や数のロゴスを知識として学ぶ両方を両立させないと
4次元から3次元への変換をバランスよく行うことは難しいのだろうな~
このあたり勉強不足なので、やっぱり数や図形に対する正しい知識も増やしていかないといけませんね⤴⤴
今日は最後反省と今後の抱負で終わりました(^^)/